【完全無料/初心者向け】YouTubeのスライド動画の作り方【Mac用】

副業

YouTubeを始めたいと思っています。でもまずはお金をかけずに始めたいし、顔出しも怖いのでしたくありません。なので、スライドを使った動画の作り方を教えてください。

このような方向けの記事です。

本記事の内容
  • スライドの作り方~撮影方法
  • 最低限の動画編集をする方法

この記事を書いている私(わや@wayasblog)は、先日初めてYouTubeのスライド動画を作成してみました。

「共感性羞恥」とは?原因を徹底解説【治す必要はありません】

上記の動画は、当ブログ(わやずぶろぐ)で最も読まれている下記の記事を元に作成しました。

理由は、2019年11月の1か月に約6,000PVあり、需要があると思ったからです。

動画を作成した当時の状況は、以下の通り。

  • YouTube動画を作ったのは初めて
  • パソコンはMacBook Airを使用
  • 完全無料で動画作成可能
  • スライド作成→編集→動画アップで1時間未満

誰でも簡単にできるので、解説していきます。
※Mac向けに書いていますが、Windowsの方でも参考になると思います。

スポンサーリンク

YouTubeのスライド動画の作り方~スライド作成/撮影編~

YouTubeのスライド動画の作り方~スライド作成/撮影編~

まず、スライドの作成~撮影方法を解説していきます。

 

スライドの作成方法

準備するものは「Googleスライド」のみ。 

前提条件:Googleアカウント作成

Googleアカウントを持っていない方は、まずは作成しましょう。
Googleアカウントを作る

アカウントを作成したら、下記からGoogleスライドへ行きましょう。
Googleスライドへ

いざ、作成!

「Googleスライドを使ってみる」のボタンから開始です。

左上の「空白」を選択し、自由に作っていきましょう。

完成見本がこちら

ちなみに、私が作成したスライドは下記からご覧いただけます。
完成見本をみる

凝ったスライドは作っていません。
唯一「いらすとや」の画像だけ使っています。

かわいいフリー素材集
いらすとやは季節のイベント・動物・子供などのかわいいイラストが沢山見つかるフリー素材サイトです。

このような感じですね。

 

スライドの撮影方法

簡単4ステップです。

①「⌘Command + ⇧Shift + 5」を押す

画面を収録するモードになります。

②「選択部分を録画」を選ぶ

下記のような画面になるので、録画したい部分のサイズを調整します。
現在のスライドだけを映したい場合は、スライドのサイズに合わせる感じですね。

③マイクの確認

「オプション」を開くと、マイクを選択するところがあります。
デフォルトでは「なし」になっているので、「MacBook Airのマイク」を選択。

これで録画を開始してみてください。

④録画終了は再び「⌘Command + ⇧Shift + 5」

録画が終わったら、再び「⌘Command + ⇧Shift + 5」を押します。
すると「画面録画を停止」のボタンが出てくるので、押せば終了です。

簡単に録画できますよね。

 

YouTubeのスライド動画の作り方~動画編集編~

YouTubeのスライド動画の作り方~動画編集編~

次に、動画編集方法を解説します。

準備するものは「iMovie」のみです。
「iMovie」はMacに元から入っているソフトなので、起動してみましょう。

 

「iMovie」を使った動画編集方法

「iMovie」を起動し、新規作成を押します。

「メディアを読み込む」のところに動画をドラッグ&ドロップ。

そして下の部分に動画をドラッグ&ドロップ。

こんな感じになります。

私は、カットのみの最低限の編集しかしていません。
カットの方法は、カットしたい部分に黄色の線を合わせ「⌘Command + B」するだけ。

さらにもう1か所をカットして、いらない部分を削除すればOKです。

編集が完了したら、右上のボタンから書き出します。

カットする時のポイント

動画の下に、波が出ています。
この波が静かなところ(下記画像参照)は無音のところです。

そこを上手くカットすると、いい感じの編集になりますよ。

 

YouTubeに動画をアップ

あとは、YouTubeのチャンネルの右上から「動画をアップロード」を選び、

動画をドラッグ&ドロップ。

これで完了です\(^o^)/

 

【まとめ】YouTubeのスライド動画の作り方

YouTube市場が伸びているので、便乗してスライド動画を上げてみました。

質はかなり低めですが、この程度なら1時間もあれば作れてしまいます。
遊び感覚で試しにやってみても面白いですよ。

収益化するまでに時間がかかるので難しいですが、参入するのはありですよね。
私もこれから少しずつ動画市場に参入してみようと思います。

ちなみに、「iMovie」は無料なのに、結構いろいろな機能がついています。
こんなにも多機能だっとは、やっぱりAppleはすごいですね。

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました