職場の昼休みの過ごし方を考えよう【やってはいけないこととは?】

仕事

せっかくのお昼休みはいつもダラダラ過ごしてしまう。あっという間に1時間が過ぎちゃうよ。

このような方はいませんか?

この記事で、職場の昼休みの有意義な過ごし方を提案したいと思います。
結論は、有意義に過ごしたいなら、時間割を作りましょう。

当ブログでは何度も言っていますが、時間割は本当に優れているので、絶対に作るべきです。

本記事の内容
  • 職場の昼休みの過ごし方を考えよう
  • 昼休みにやってはいけないこととは?
  • 余談:弁当を持参しよう

以前の私は、昼休みの時間をずっとスマホゲームをするという過ごし方をする人間でした。
しかし、そう言った過ごし方をすると、午後の時間がだるくなることに気付きました。

そして昼休みの時間を有意義に過ごすため、自分のベストな方法を試行錯誤してきました。

この記事は、多くの方に昼休みを有意義に過ごしてもらいたいと思い、書いています。

スポンサーリンク

職場の昼休みの過ごし方を考えよう

職場の昼休みの過ごし方を考えよう

一度、昼休みの過ごし方を見直してみましょう。

 

時間割の重要性

当ブログでは何度か時間割に関する記事を書いていますが、昼休みも時間割を作ることをおすすめします。

たとえば、何分間で昼食を食べ、その後の時間は読書する、などです。
そうすることで、ただただ時間が過ぎてしまったということがなくなります。

時間割に関しては「【効果大】忙しくて掃除が思うようにできない人は「時間割」を作ろう」の記事で詳しうっ解説しています。

何も考えずにぼーっと過ごすのもいいですが、有意義に過ごしたいと思いませんか?
何も考えずにスマホゲームとかをしていると、あっという間に時間が過ぎてしまわないですか?
昼休みも仕事をしていたら疲れないですか?

もし貴重な昼休みの1時間を有意義に使いたければ、さっそく時間割を作りましょう。

 

私がやってみたこと

昼休みを有意義に過ごすため、私はいろいろなことをやってみました。

たとえば、寝る、スマホゲーム、読書、YouTube、勉強、家に帰る、散歩、生協へ買い物、食堂でご飯、ネットサーフィン、同僚とおしゃべりなどです。

ちなみに会社は田舎にあり、周りにお店とかはないので、外出はほとんどできません。
いろいろなことをやってみて、どのように感じたのかを以下にまとめます。

やってよかったこと
  • 寝る → 眠気がなくなりスッキリするので○、数分間目を閉じているだけでも効果あり
  • 読書、YouTube(勉強のための動画に限る)、勉強 → ○
  • 散歩 → 適度な運動はその後の仕事の効率も上がるので○
  • 同僚とおしゃべり → 多少の時間なら気晴らしになるので○
やってみたけど微妙だったこと
  • スマホゲーム → もってのほか
  • 家に帰る → 家が近いのでやってみたが、移動時間がもったいないので×
  • 生協へ買い物 → 多少の運動にはなるが無駄遣いをしてしまうので×
  • 食堂でご飯 → 同僚と話しながら食べると楽しいが、たっぷり1時間潰れてしまうので×
  • ネットサーフィン → 時間潰しのネットサーフィンは×

以上のようにいろいろ試した結果、以下のような時間割に落ち着きました。

12:00~12:15 → 弁当を食べながらYouTubeで勉強
12:15~12:45 → 読書
12:45~13:00 → 同僚とおしゃべり

勉強もできるし、好きな読書もできるし、おしゃべりをしてリフレッシュもできるので気に入っています。

 

あなたの時間割を作ろう

長々と私の昼休みについて書いてしまいましたが、次はあなたの番です。
何度も言いますが、あなたの時間割を作りましょう。

まずは、今昼休みにしていることを思い出してみましょう。
辞めたいと思っているのに続けてしまっているスマホゲームを辞めましょう。
しょっちゅう見てしまうSNSは見る時間を決めましょう。

昼休み1時間×20日×12ヶ月=240時間もあります。

この240時間をどう過ごすかはあなた次第です。
理想の自分になるための昼休みの時間を過ごしましょう。

 

昼休みにやってはいけないこととは?

昼休みにやってはいけないこととは?

それは、ジャンクフードを食べることです。

 

ジャンクフードを食べてはいけない

ジャンクフードを食べると、メンタルも収入も落ちてしまうという研究結果が出ているそうです。
これはメンタリストDaiGoさんの以下の動画を参考にしました。

昼休みにすると、収入とメンタルがガタ落ちする行動とは

ジャンクフードとは、何も、ハンバーガーなどの食事だけではありません。
「糖質脂質のかたまり」のことを言い、ラーメンや揚げ物もジャンクフードに入ります。

衝撃的なのは、ジャンクフードは子どもの自己コントロール能力も低下させてしまうそうです。

これを聞くとジャンクフードは食べたくなくなりますよね。

 

ジャンクフードがどうしても食べたくなった時は?

とはいえ、ジャンクフードって美味しいですよね。

どうしても食べたくなったら、ジャンクフードの匂いをかぐだけで食欲が減るそうです。
もっと言うと、2分以上の時間、匂いをかぐと効果があるそうです。

これを「感覚退屈」と言い、同じ刺激を与え続けると欲求が減る現象なのだそうです。
確かに、ずっと油っぽい匂いをかいでいると嫌になってきますよね。

それを利用したのが「感覚退屈」ということです。

 

以上が昼休みにやってはいけないことです。
安いから、お店を探すのが面倒くさいから、とジャンクフードを食べていませんか?

 

余談:弁当を持参しよう

余談:弁当を持参しよう

昼休みの過ごし方と直接関係はありませんが、弁当を持参するのがおすすめです。

なぜなら、弁当を持参すると①時間短縮、②栄養、③節約の3つの利点があるからです。
順番に解説をしていきます。

 

時間短縮

弁当を持参していれば、どこかに買いに行ったり、食堂に行く時間が短縮できます。

弁当を出して食べ終わるまでに15分くらいあれば十分です。
その後の時間は自由に使うことができます。はるかに時間短縮になりますよね。

 

栄養

弁当を作れば、栄養の点から見てよいと思います。
たとえば、コンビニで買うと添加物が大量に入っています。その点、自分で作れば安心です。

何も、手の込んだ弁当を作る必要はなく、前日の夕飯の残りや冷凍食品などを使えば十分です。
冷凍食品にも添加物は入っていますが、コンビニで買うよりはマシだと思います。

 

節約

これは説明する必要はないかもしれませんが、外食や買って食べるより節約になります。

毎日の食事なので、塵も積もれば結構な金額になりますよね。
夕飯の残りで作れば、ほぼお金を使わずに作ることができます。

 

余談ではありましたが、①時間短縮、②栄養、③節約の観点から、弁当を持参することをおすすめします。

 

まとめ:昼休みの時間を見直してみよう

この記事では、職場の昼休みの過ごし方、そして昼休みにやってはいけないことを解説しました。

一度昼休みの時間の過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか?
時間割を作るのは本当におすすめです。

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました