【Laravel6】Stripeを使って単発決済を実装する方法【簡単でした】

CODE

この記事は、PHPのフレームワーク「Laravel」で、オンライン決済サービス「Stripe」を使って単発決済を実装する方法の解説記事です。

思っていた以上に簡単だったので、決済を実装したい方は参考にしてみてください。

私(わや@wayasblog)自身、Laravelを最近勉強し始めたので、かなり丁寧に解説した初心者向けの記事となっています。

コードだけ見たい!という方は、こちら(GitHub)からどうぞ。

» Laravelで作成したアプリやアウトプットの一覧はこちら

スポンサーリンク

Stripeを使った単発決済のイメージ

スクリーンショット+動画で紹介していきます。

決済ボタンがあるページ

決済ボタンがあるページ

ボタンだけのシンプルなページです。

クレカ情報を入力するページ

クレカ情報を入力するページ

支払い時の様子

初期設定

Laravelのインストール、Stripeを使用するための初期設定をしていきましょう。

Laravelインストール

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel stripe "6.*"

Laravel Cashierインストール

Stripe向けCashierパッケージをComposerでインストールします。

composer require laravel/cashier

ここで、以下のようなエラーが出ました。

PHP Fatal error:  Allowed memory size of 1610612736 bytes exhausted (tried to allocate 4096 bytes) in phar:///usr/local/bin/composer/src/Composer/DependencyResolver/Solver.php on line 223

Fatal error: Allowed memory size of 1610612736 bytes exhausted (tried to allocate 4096 bytes) in phar:///usr/local/bin/composer/src/Composer/DependencyResolver/Solver.php on line 223

どうやらphp.inimemory_limitを上げれば解決するようです。

/etc/php.inimemory_limitを以下のように変更します。

; Maximum amount of memory a script may consume (128MB)
; http://php.net/memory-limit
memory_limit = -1

-1にすると、PHPのメモリ上限が無制限になるようです。

再度インストールしてみると、上手くいきました。

Stripeに登録

まずは、以下からStripeのアカウント登録をしましょう。

インターネットビジネスのためのオンライン支払い処理 - Stripe
インターネットビジネスのオンライン支払い処理。Stripe は、不正防止やサブスクリプション管理に対応し、あらゆるサイズのオンラインビジネス向けのコマースを支援する支払い API スイートです。Stripe の決済プラットフォームを使用して支払いをオンラインで受け入れ処理し、使い易いコマースソリューションを実現しましょ...

テストAPIキー取得

アカウント登録できたら、以下のような画面に行くと思います。

  • 公開可能キー
  • シークレットキー

上記の2つを使います。

特にシークレットキーは外部に漏れないように気をつけましょう。

APIキーを.envファイルに記入

.envファイルの1番下に、以下を追記しましょう。

STRIPE_KEY=自分の公開キー
STRIPE_SECRET=自分のシークレットキー

以上で、下準備は終わりです。

コントローラーの作成

今回のStripeの処理は、コントローラーに書いていきます。

php artisan make:controller PaymentsController

※Laravelの規約に従うため、コントローラー名は必ず複数形にします。

app/Http/Controllers/PaymentsController.phpが作成されました。

ここに、以下のfunctionを作っていきます。

  • index:決済ボタンを表示するページ
  • payment:Stripeの処理
  • complete:決済完了ページ

以下のようになりました。

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use Stripe\Stripe;
use Stripe\Customer;
use Stripe\Charge;

class PaymentsController extends Controller
{
    public function index()
    {
        return view('index');
    }

    public function payment(Request $request)
    {
        try
        {
            Stripe::setApiKey(env('STRIPE_SECRET'));

            $customer = Customer::create(array(
                'email' => $request->stripeEmail,
                'source' => $request->stripeToken
            ));

            $charge = Charge::create(array(
                'customer' => $customer->id,
                'amount' => 1000,
                'currency' => 'jpy'
            ));

            return redirect()->route('complete');
        }
        catch(Exception $e)
        {
            return $e->getMessage();
        }
    }

    public function complete()
    {
        return view('complete');
    }
}

use宣言を忘れずに書きましょう。

ルーティングの設定

routes/web.phpを編集します。

// 決済ボタンを表示するページ
Route::get('/', 'PaymentsController@index')->name('index');

// Stripeの処理
Route::get('/payment', 'PaymentsController@payment')->name('payment');

// 決済完了ページ
Route::get('/complete', 'PaymentsController@complete')->name('complete');

ビューの作成

resources/viewsに、

  • index.blade.php
  • complete.blade.php

以上の2つのbladeテンプレート作成します。

index.blade.php

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
    <title>Stripeテスト</title>
    <link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-ggOyR0iXCbMQv3Xipma34MD+dH/1fQ784/j6cY/iJTQUOhcWr7x9JvoRxT2MZw1T" crossorigin="anonymous">
</head>
<body>
    <form action="{{ asset('payment') }}" method="POST" class="text-center mt-5">
        {{ csrf_field() }}
        <script
            src="https://checkout.stripe.com/checkout.js" class="stripe-button"
            data-key="{{ env('STRIPE_KEY') }}"
            data-amount="1000"
            data-name="Stripe Demo"
            data-label="決済をする"
            data-description="これはStripeのデモです。"
            data-image="https://stripe.com/img/documentation/checkout/marketplace.png"
            data-locale="auto"
            data-currency="JPY">
        </script>
    </form>
</body>
</html>

complete.blade.php

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
    <title>Stripeテスト - 完了</title>
    <link rel="stylesheet" href="https://stackpath.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.3.1/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-ggOyR0iXCbMQv3Xipma34MD+dH/1fQ784/j6cY/iJTQUOhcWr7x9JvoRxT2MZw1T" crossorigin="anonymous">
</head>
<body>
    <p class="text-center mt-5">決済が完了しました!</p>
</body>
</html>

完成

これだけで、Stripeの単発決済の実装が完成しました。

とっても簡単ですよね。

では実際に決済できるか、テストしてみましょう。

カード情報を入力するところでは、テスト用に以下の情報を入れればOKです。

  • メールアドレス:適当でOK
  • カード番号:4242 4242 4242 4242
  • 有効期限:未来の日付ならOK
  • CVC:適当でOK(3桁)

テストのための詳細は、こちらのページに記載されています。

完了ページに行き、さらにStripeの管理画面で支払いが成功していたらOKです。

【まとめ】Stripeを使って単発決済を実装する方法

かなり簡単に実装ができたので、驚きました。

コードだけ見たい!という方は、こちら(GitHub)からどうぞ。

以上です。最後まで見てくださり、ありがとうございました。

Laravelでいろいろ作っていこうと思っているので、またアウトプットします。

» Laravelで作成したアプリやアウトプットの一覧はこちら

最後に宣伝

ココナラで、コーディングの相談を受け付けています。

  • CSSが上手く作れない
  • JavaScriptが思ったように動かない
  • ブログのデザインを修正したい
  • 勉強中でわからないところがあるから教えてほしい

このようなお悩みを解決していますので、「こんなの解決できる?」ということがあったら、ぜひ質問だけでも以下のリンクよりどうぞ。

HTML / CSS / JSのお悩みを解決します コーディングでお困りの方はお気軽にお問い合わせください! | Webサイト修正・カスタム・コンサル | ココナラ
HTML / CSS / JavaScript(jQuery)のお悩み相談、ご質問を受け付けます。「CSSが上手く作れない」「JavaScriptが思ったように...

コメント

タイトルとURLをコピーしました